Spartan Programming(スパルタプログラミング)の評判は?

Spartan Programming 大学生に有益な情報

大学を卒業して実際に就職してみると

「営業がつらいので、エンジニアなど何かスキルを活かした仕事をしたい」

「文系だったけれどもプログラマーとして働きたい」

など、プログラマー・エンジニアとしての転職を考えている方も多いかと思います。

そのような方におすすめなのが、Spartan Programmingです。

現役のエンジニアたちが集まってはじめたスクールで、実践的なスキルが学べます。

特に、Spartan Programmingは、課題を解く際「ギブアップをするまで答えを教えない」というスパルタ教育を行うコーチングスクールで、現場で通用するスキル・人材を育成するためのスクールです。

Spartan Programmingには以下の6つの特徴があります。

  • 「ギブアップをするまで答えを教えない」全く新しいコーチングスタイル
  • 現役プログラマーが作った実践的なカリキュラム
  • すべての課題を講師が徹底レビュー
  • 挫折させない学習サポート体制
  • 充実した転職支援制度(転職成功率98%)
  • 完全オンライン完結

Spartan Programmingを卒業した受講生は、以下のように高い満足感を感じており、評判もいいことがわかります。(以下公式サイトより引用)

  • すべての課題を現役エンジニアの講師陣がレビューしてくれたので、現役エンジニアの方の思考法やコーディング技術を直に学ぶことができました。
  • いざ壁にぶつかった時には講師の方々が答えを出せるよう導いてくれたので、最後までやり遂げることが出来ました。あえて「答えを教えてもらえない」という厳しい環境に身を置くことによって、Webエンジニアとして働くためのプログラミングの技術を身につけることができました。
  • スクールでは講師達が、どこでつまずいているのかを気付かせてくれるため、自分の思考を整理することが出来ました。口に出して伝えることで自分自身の理解も深まり、自己解決能力が高まったと実感できました。

以下ではこのようなSpartan Programmingについて詳しく解説します。

7日間の無料のおためし入会・2022年3月13日〜2022年6月30日の期間限定で入会した方の5人に1人が受講料無料になるキャンペーンを実施中

詳しくは公式サイトをご覧ください>>>Spartan Programming

Spartan Programmingとは?

Spartan Programming

Spartan Programmingとは、課題を解く際「ギブアップをするまで答えを教えない」というスパルタ教育を行う、未経験から「本物のエンジニア」を目指して本気で学習をしたい人のためのプログラミングスクールです。

「答えを教えない」ということは、何も教えないということではなく、答えを教える代わりに、「答えを導き出すためのプロセス」「周辺知識」などを丁寧にコーチングして、考えるスキル・本物のスキルを教えてくれます。

なお、Spartan(スパルタ)とは「厳しい教育方針」を意味します。

エンジニアとしての働く現場では、日々高い自己解決能力が求められ、何かわからないことがあったとしても手取り足取り教えてくれる人はいません。

つまり何か問題があったときには、自分で解決していかなければならないのです。

そのためには、トライ&エラーを繰り返しながら、解決できる能力をみにつける必要があります。

そこで、Spartan Programmingでは、答えを簡単に教えないというコーチング手法を採用し、答えを教えるという学習ではなく、どこでつまずいているのかに気付けるコーチングを行うことにより、現役のエンジニアの思考法をみにつけることを目標としました。

つまり、実践に強い、どこでも活躍できる本物のエンジニアを育てるためのスクールがSpartan Programmingといえるでしょう。

Spartan Programmingの6つの特徴

Spartan Programming

Spartan Programmingには以下の6つの特徴があります。

  • 「ギブアップをするまで答えを教えない」全く新しいコーチングスタイル
  • 現役プログラマーが作った実践的なカリキュラム
  • すべての課題を講師が徹底レビュー
  • 挫折させない学習サポート体制
  • 充実した転職支援制度(転職成功率98%)
  • 完全オンライン完結

課題を解く際「ギブアップをするまで答えを教えない」

「ギブアップをするまで答えを教えない」という全く新しいコーチング手法を採用しています。

コーチングというと、手取り足取り教えてくれるというイメージがあるかもしれませんが、答えを教えるのではなく、「自分で考えられる」「自分で解決できる」現場で役立つ人材を育てることを目標としています。

現役プログラマーが作った実践的なカリキュラム

現役のプログラマーが「普段使っている技術」を選んで、短期間で現場で使える人材を育ているための実践的なカリキュラムを開発しました。

すべての課題を講師が徹底レビュー

すべての課題を現役のプログラマーである講師が一つ一つ丁寧にレビューしてくれます。

挫折させない学習サポート体制

サポートが必要な時には、24時間・365日いつでもどこでもチャットにて質問ができます。

これはとても心強いですね。

充実した転職支援制度

充実した転職支援制度があり、転職成功率98%です。

具体的には、転職の準備から、実際の対策、転職後のお悩み相談など転職に関することをすべてサポートしてくれます。

完全オンライン完結

完全オンラインで学べるため、好きな時間、好きな場所で学習できます。

そのため転職したい方、学生さんなど忙しい方も効率的に学習できます。

Spartan Programming7日間の無料のおためし入会>>>Spartan Programming

Spartan Programmingで学べる言語やスキルについて

言語

ここでは、Spartan Programmingで学べる言語やスキルについて解説します。

ところで、Spartan Programmingに限らず、プログラミングスクールのホームページを見ると、HTML・CSS・JavaScript・PHP・SQL・Laravel・Git・GitHubなどわけのわからない英語が並んでいますよね。

多くのプログラミングスクールと同様にSpartan Programmingもそうですが、「未経験者から」と書いてあるのですが、そもそも未経験者の方は、このような英語の用語が何を意味するのかまったくわからないと思います。

スクール関係の方にとっては、これらの用語は基礎中の基礎でも、未経験者にとっては「HTMLって何?」「CSSとかJavaScriptってよく聞くけどどう違うの?」など疑問だらけではないでしょうか。

そのため、プログラミングにとても興味があってスクールのホームページを見ても、ホームページに書いてあることがよく理解できないため、やめてしまう方もいるのではないかと思います。

そこでここでは、Spartan Programmingで学べる言語やスキルについて初心者でもわかるように簡単に解説します。

こちらでそれぞれの言語・スキルについてよく理解してからSpartan Programmingのホームページを見ていただくとSpartan Programmingで何が学べるのかよくわかると思います。

Spartan Programmingのホームページ>>>Spartan Programming

Spartan Programmingで学べる言語・スキルは以下の通りです。

  • Webサービスの開発に必須である「HTML・CSS」
  • サイトに動きを付ける「JavaScript」
  • データベースを操作する「SQL」
  • サーバーサイド開発を担う「PHP」とそのフレームワークである「Laravel」
  • チーム開発で必須の「Git&GitHub」

ここからはこれらについて詳しく解説します。

フロントエンド開発言語

「フロントエンド」とは、ユーザーと直接データのやり取りを行うことで、Web制作ではWebブラウザ側つまり、クライアント側のことを指します。

つまり、フロントエンド開発言語とはユーザーが目にする部分、つまり、Webデザイナーが作成したデザインをもとに、Webサイトを構築したり、カスタマイズを行ったりするための言語を指します。

代表的なものとしてHTML・CSS・JavaScriptがあります。

HTMLとは?

HTMLとは、Hyper Text Markup Languageの略で、簡単にいうと、コンピュータが理解できるようにタグと呼ばれる目印をつける(Markup)ための言語です。

目印をつけるというのは、文書の各部分が、どのような役割を持っているのかを示すことです。

たとえば、見出し・段落など、文書の中で各文章が果たしている役割が分かるように目印をつけていくのが、HTMLということです。

CSSとは?

CSSとは、Cascading Style Sheetsの略で、ウェブページのスタイルを指定するためのスタイルシート言語の一つです。

文書のスタイルを指定する技術全般をスタイルシートといいます。

つまり、CSSは、上記で説明しましたHTMLと組み合わせて使用する言語で、HTMLなどで作成されるウェブページにスタイルを適用する場合に、スタイルシート言語の一つであるCSSがよく利用されます。

HTMLがウェブページ内の各要素の意味や情報構造を決める役割があるのに対して、CSSではそれらをどのように装飾するかを指定します。

JavaScriptとは?

JavaScript(ジャバスクリプト)とは、ブラウザを動かすためのプログラム言語のことで、Webサイトを訪問したとき、「ポップアップ画面」「メッセージボックスの表示」「カレンダー」「地図」など、ブラウザが「動く」ために、指示を出しているプログラミング言語のことです。

つまり、動的コンテンツを作成できるプログラミング言語がJavaScriptです。

サーバーサイド開発言語

サーバーサイドというのは、プログラムを実行したりデータを管理したりすることで、フロントエンドからの依頼に適切な情報を渡す役割を果たしています。

サーバーサイドで動くシステムを作るための、言語がサーバーサイド開発言語で、代表例としてはSpartan Programmingでも学べるPHP、SQLなどがあります。

SQLとは?

SQLは「シークェル」または「シーケル」と呼ばれているDBMS(データベース管理システム)上でデータやデータベースを制御するための言語で、最も普及している言語の一つです。

SQLの目的はデータベースを管理するソフトウェアを操作・制御することです。

PHPとは?

PHPとは動的にWebページを生成できようにするサーバーサイドの言語です。

動的にWebページとは、アクセスしたタイミングや状況によって表示内容が変わるページのことで、たとえば、ショッピングカートではユーザーが購入した商品の種類や数によって確認画面で表示される内容が変わりますが、このように表示内容を変えるのがPHPです。

Laravelとは?

Laravel(ララベル)とは2011年にリリースされたPHPのフレームワークです。

なお、フレームワークとは、Webアプリケーションやシステムを開発するための必要な機能があらかじめ用意された枠組みのことを指します。

フレームワークを使えば、ゼロから開発に必要な機能を用意する必要がなくなり、作業の効率化につながります。

上記で解説したPHPの中で代表的なフレームワークがLaravelです。

Laravelは柔軟で多機能なフレームワークで、webアプリケーションであれば全般的に向いているといわれています。

Git & GitHubとは?

Git(ギット)とは、分散型バージョン管理システムのことで、ファイルのバージョン管理が簡単にできるツールです。

GitHub(ギットハブ)とは、Gitの仕組みを利用して、世界中の人々が自分の作った作品(プログラムコードやデザインデータなど)を保存、公開できるようにしたウェブサービスのことです。

つまり、エンジニアが公開用のプログラムをアップして、自分以外のエンジニアに共有し、履歴を残しながら更新したり、自分以外のエンジニアも適宜修正を加えることができます。

GitHubは、GitHub社によって運営されており、個人・企業問わず無料で利用できます。

このような言語・スキルが学べるのが、Spartan Programmingです。

7日間の無料のおためし入会>>>Spartan Programming

Spartan Programming卒業後のキャリアについて

Spartan Programming

Spartan Programmingの卒業後のキャリアとして以下の3つの可能性があります。

  • フロントエンドエンジニア
  • バックエンドエンジニア
  • フリーランスエンジニア

未経験者の方にとっては上記の言語やスキルのように、「フロントエンドエンジニア」「バックエンドエンジニア」と言われてもよくわからないと思いますので、ここでは、「フロントエンドエンジニア」と「バックエンドエンジニア」について詳しく解説します。

Spartan Programmingの7日間の無料のおためし入会>>>Spartan Programming

フロントエンドエンジニアとは?

フロントエンドエンジニアとは、デザイナーが設計したデザインを元に上記で解説したHTML、CSS、JavaScriptを使って、ブラウザに表示できるようにコーディングを実施するエンジニアのことをいいます。

簡単に言うと、Webデザイナーが作ったデザインを再現し、ブラウザに表示させることがフロントエンジニアの仕事です。

フロントエンドエンジニアは、コーダーやマークアップエンジニアの上位職として位置づけられており、Webコンテンツ開発にとって重要なポジションです。

現場によってはデザインやディレクションに関わることもあります。

フロントエンドエンジニアは比較的新しい職種で、以前はフロントエンドエンジニアという職業はありませんでした。

コーダーやマークアップエンジニア、Webデザイナーなどがこのような作業を担当していました。

しかし、Webコンテンツの開発に関する仕事が増加し、フロントエンド側で担当するべき作業が増え、よりスキルの高い専門家が求められるようになり、フロントエンドエンジニアという仕事が必要になってきたのです。

フロントエンドエンジニアの仕事では、HTMLやCSSはもちろん、JavaScriptを使用し、双方向な表現が可能なWebサイトの構築をきちんと記述できる技術が必要となります。

バックエンドエンジニアとは?

バックエンドエンジニアとは、サーバサイド全般を取り扱うエンジニアのことを指します。

WebサーバやDBサーバなど、システムに必要なサーバの設計やサーバを構築したり、サーバサイドプログラムの開発などが主な仕事です。

バックエンドエンジニアが担当する業務は広いので、Webサービスの開発全般の知識を持つ必要があります。

Spartan Programmingの評判・口コミは?

Spartan Programmingの口コミ

ここからはSpartan Programmingの口コミ・評判について解説します。

  • 最近のプログラミングスクールでは、効率化や自動化にこだわるあまり、受講生一人ひとりをしっかり見てくれるところが少ないということを知り合いから聞きました。そんな中Spartan Programmingでは、すべての課題を現役エンジニアの講師陣がレビューしてくれたので、現役エンジニアの方の思考法やコーディング技術を直に学ぶことができました。課題を解いていくうちに、自然とプログラミングができるようになることを実感し、とても楽しく学習できました!無事に転職活動も終え、サーバーサイドエンジニアとして働けることになった今、Spartan Programmingを選んで本当に良かったなと感じています。(公式サイトから引用)
  • Spartan Programmingでは、「ギブアップをするまで答えを教えない」という珍しい教育方針を採用しているということを知り、本気で学習できそうだなと思って受講しました。それでも受講前は「ギブアップをするまで答えを教えてもらえない」ことに、私なんかにできるだろうかという不安を感じていましたが、いざ壁にぶつかった時には講師の方々が答えを出せるよう導いてくれたので、最後までやり遂げることが出来ました。あえて「答えを教えてもらえない」という厳しい環境に身を置くことによって、Webエンジニアとして働くためのプログラミングの技術を身につけることができました。(公式サイトから引用)
  • 独学でプログラミングを学習していましたが、何がわからないのかわからない、という状況に陥いってしまいました。独学では限界を感じ、挫折してしまいそうだったときに「本物のエンジニア」という言葉に惹かれ、Spartan Programmingへの入会を決意しました。スクールでは講師達が、どこでつまずいているのかを気付かせてくれるため、自分の思考を整理することが出来ました。口に出して伝えることで自分自身の理解も深まり、自己解決能力が高まったと実感できました。その結果、最後まで挫折することなく学習を終えることができ、無事プログラマーになることが出来ました。(公式サイトから引用)

これらのことから受講生は「現役エンジニアの方の思考法やコーディング技術を直に学ぶことができた」「Webエンジニアとして働くためのプログラミングの技術を身につけることができた」「自己解決能力が高まったとかなり満足していることがわかります。

Spartan Programming7日間の無料のおためし入会>>>Spartan Programming

Spartan Programming入学後の流れ

ここではSpartan Programming入学後の流れについて解説します。

最初にキャリアアドバイザーと無料カウンセリングをオンラインで行います。

そこでSpartan Programmingのシステムや素晴らしさに納得したら、入学です。

入学後はSpartan Programmingの専用Discordサーバーにアクセスし、Spartan Programming専用の教材・課題に取り組んでいきます。

なお、7日間の無料のおためし入会もできます。

公式サイトはこちら>>>Spartan Programming

最初の3か月は実践的なカリキュラムで学習

Webサービス開発の全てを学べるように、実践的なカリキュラムで以下の言語を学びます。

  • Webサービスの開発に必須である「HTML・CSS」
  • サイトに動きを付ける「JavaScript」
  • データベースを操作する「SQL」
  • サーバーサイド開発を担う「PHP」とそのフレームワークである「Laravel」
  • チーム開発で必須の「Git&GitHub」

それぞれの言語の解説は上記の「Spartan Programmingで学べる言語やスキル」を参考にしてください。

なお、この最初の3か月の期間は「ギブアップをするまで答えを教えない」というコーチング手法を用いた無制限のサポートが受けられます。

対応時間してくれる時間は以下のようになり、回数には制限なしです。

  • 平日 午前10時〜午後23時
  • 土日 午前10時〜午後18時

最初の3か月にガンガン学習して、指導をたくさん受けましょう。

1ヶ月目に「フロンドエンド」のスキルをマスター

1ヶ月目に「フロンドエンド」のスキルをマスターします。

「HTML・CSS・JavaScript」を学習し「フロントエンド」のスキルを身につけていきます。

フロントエンドのスキルを習得することで、「Webサイトに動きをつけること」や「Webサイトの見た目を作成」できるようになります。

2ヶ月目に「バックエンド」のスキルをマスター

2ヶ月目に「バックエンド」のスキルをマスターします。

PHP・SQLを学習し「バックエンド」のスキルを身につけていきます。

バックエンドのスキルを習得することで、「Web上からデータの登録」や「本格的なWebサイト作成」ができるようになります。

3ヶ月目にLaravelやGit・GitHubをマスター

3ヶ月目にLaravelやGit・GitHubをマスターします。

PHPのフレームワークLaravelやGit・GitHubを学習し「より実践的な開発」のスキルを身につけます。

フレームワークを習得することで、「開発現場で使われている技術」が習得できます。

4か月目から転職支援がスタート

本格的な転職支援が始まります。

転職成功率はなんと98%です。

キャリアアドバイザーによる、エンジニア転職のポイントや企業選びのポイントなどを学べます。

以下で詳しく解説します。

転職支援サポート(予約制)

Spartan Programmingが定めるプログラミング言語(HTML, CSS, JavaScrtipt, PHP+MySQL)を習得された方には、学習サポート終了後もキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

転職支援サポートの提供期間:受講終了から6ヶ月間

対応時間してくれる時間は以下をご覧ください。回数は制限なしです。

  • 平日 午前10時〜午後23時
  • 土日 午前10時〜午後18時

面接指導(予約制)

模擬面接を複数回実施し、実戦形式でのエンジニアに特化した面接のポイントを学ぶことができます。

具体的には、就活での面接の際の自己PRや立ち振る舞い方、履歴書の書き方などを指導してもらえます。

多くの就活エージェントでは、一般的なことしか学べませんが、Spartan Programmingは現役のエンジニア・プログラマーの集団ですので、自分たちの経験をもとに、現場の生の声をもとに面接の練習を行うことができます。

面接指導の提供時期:受講終了から6ヶ月間

対応してくれる時間は以下をご覧ください。回数は8回です。

  • 平日 午前10時〜午後23時
  • 土日 午前10時〜午後18時

転職後のアフターフォロー

転職先での悩みや疑問、その他キャリアUPに関する相談などもキャリアアドバイザーが受講終了から1年間サポートしてくれます。

対応時間してくれる時間は以下をご覧ください。予約制ですが、回数は制限なしです。

  • 平日 午前10時〜午後23時
  • 土日 午前10時〜午後18時

Spartan Programmingの料金

ここではSpartan Programmingの料金について解説します。

Spartan Programmingの料金は上記で説明した「実践カリキュラム+3ヶ月の学習サポート+転職サポー学習サポート」などすべてを含めて398,000 円(税込)です。

なお、2022年3月13日〜2022年6月30日の期間限定で入会した方の5人に1人が受講料無料になるキャンペーンを実施しております。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

Spartan Programmingの公式サイト>>>Spartan Programming

無料カウンセリング・無料おためし入会

無料カウンセリングを行っています。

ひとりひとりの状況に合わせ、現役のエンジニアがカウンセリングしてくれます。

もっとカジュアルに連絡を取りたい方は、LINEからも問い合わせることが可能です。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

Spartan Programmingの公式サイト>>>Spartan Programming

「本当に自分にあうのか」「やっていけるのか」などいろいろ不安のある方は、7日間の無料のおためし入会をおすすめします。

7日間の無料のおためし入会>>>Spartan Programming

おわりに

ここではSpartan Programmingについて詳しく解説しました。

本気でエンジニア・プログラマーになりたい方は、7日間の無料のおためし入会をしてみましょう。

また、2022年3月13日〜2022年6月30日の期間限定で入会した方の5人に1人が受講料無料になるキャンペーンを実施中です。

詳しくは公式サイトをご覧ください>>>Spartan Programming

コメント

タイトルとURLをコピーしました