レポート・卒論・論文のテーマ

卒論のテーマの選び方とおすすめの卒論テーマを紹介します。

卒論テーマの選び方

特定の卒論のテーマの選び方

観光・インバウンド系の研究

MaaS関係の研究

教育系の研究

観光・インバウンド

海外の持続可能な観光の成功例・取り組み事例

アフターコロナの観光の在り方として注目を浴びているのが、SDGs「持続可能な観光」です。ここでは海外のSDGs(持続可能な観光)の取り組み事例としてハワイ州とスウェーデンの例をご紹介します。
観光・インバウンド

MaaSとは?フィンランドのMaaSの事例・背景・効果

ここではMaaSとは何なのかを最初に解説し、MaaSがなぜフィンランドで始まったのか、さらに、フィンランドのMaaSの事例・背景・効果についてわかりやすく解説します。最後に、フィンランドのMaaSについてさらに詳しく知るための書籍と論文をご紹介します。
観光・インバウンド

オーバーツーリズム・持続観光な観光SDGsに関するおすすめの本

ポスト・コロナ時代へ向けての観光の在り方を探るのに、オーバーツーリズム・持続観光な観光SDGsという概念は必須のキーワードとなります。そこでここではオーバーツーリズム・持続観光な観光SDGsに関するおすすめの書籍をご紹介します。
観光・インバウンド

山城屋がインバウンドで成功した理由【山奥の小さな旅館が連日外国人客で満室になる理由】

大分県の湯平温泉の山城屋は創業50年の小さな旅館です。ところがトリップ・アドバイザーで宿泊施設満足度ランキング全国3位にランクインしています。ここでは書籍「山奥の小さな旅館が連日外国人客で満室になる理由」をもとにその理由を探っていきます。
テーマの選び方

社会学系のおすすめの卒論テーマと卒論テーマの決め方!SDGs・地方創生

ここでは社会学系の学生さんが比較的書きやすく、面白く親しみやすい卒論テーマをご紹介します。SDGs・地方創生・地域活性化・インバウンドをテーマにした卒論は、自分の地元、あるいは就職したい地域のUターン就職や地元で就活を行う方に特におすすめのテーマです。
教育関係

フィンランドの教育制度の特徴【平等な教育・教育費が無償】

PISAの優秀国であるフィンランドの教育制度の特徴として「平等な教育」「授業料が無償」「地方分権型教育政策」「少人数制」などがあげられます。ここではこのようなフィンランドの教育制度について一つ一つわかりやすく解説します。
教育関係

英語系・英語教育の書きやすい卒論のテーマ【難易度も解説】

ここでは英語系・英語教育の卒論テーマに関して質問紙調査・実験系・語彙研究・実践研究・文献研究(英語教育・言語政策)に分けてどのようなテーマが書きやすいのか、難易度も含めて解説します。特に、小学校の英語教育に関してはこども・教育系の学生さんにおすすめです。
観光・インバウンド

観光系の卒論テーマの決め方!観光・旅行系の面白い卒論テーマを紹介

ここでは最初に観光・旅行系の面白い卒論テーマとして 地方創生(地域活性化)・インバウンド ・ MaaS・持続可能な観光・アニメツーリズムを紹介します。つぎに、 観光系の卒論のテーマの決め方のポイント4点について解説します。
教育関係

教育系の書きやすいおすすめの卒論テーマ【フィンランドの教育】

本記事では、教育系の卒論として、フィンランドの教育が、なぜ書きやすく、おすすめなのかの3つの理由を解説します。さらに、各教科別にフィンランドの教育に関する書籍・論文を紹介し、教育系の卒論テーマの決め方をフィンランドの教育を例にお話しします。
テーマの選び方

書きやすい卒論テーマとは?テーマを狭く絞ると書きやすくなる

卒論テーマは狭く絞るほうが圧倒的に書きやすくなります。ここではなぜテーマを絞ると書きやすくなるのかその理由と、テーマを絞る際のポイント(関連した論文か書籍があるか・社会貢献するか・トレンドになりつつありなおかつニッチ)について解説します。
タイトルとURLをコピーしました