レポート・卒論・論文のテーマ

卒論のテーマの選び方とおすすめの卒論テーマを紹介します。

卒論テーマの選び方

特定の卒論のテーマの選び方

観光・インバウンド系の研究

教育系の研究

レポート・卒論・論文のテーマ

社会学系のおすすめの卒論テーマと卒論テーマの決め方!SDGs・地方創生

ここでは社会学系の学生さんが比較的書きやすく、面白く親しみやすい卒論テーマをご紹介します。SDGs・地方創生・地域活性化・インバウンドをテーマにした卒論は、自分の地元、あるいは就職したい地域のUターン就職や地元で就活を行う方に特におすすめのテーマです。
レポート・卒論・論文のテーマ

フィンランドの教育制度の特徴【平等な教育・教育費が無償】

PISAの優秀国であるフィンランドの教育制度の特徴として「平等な教育」「授業料が無償」「地方分権型教育政策」「少人数制」などがあげられます。ここではこのようなフィンランドの教育制度について一つ一つわかりやすく解説します。
レポート・卒論・論文のテーマ

英語系・英語教育の書きやすい卒論のテーマ【難易度も解説】

ここでは英語系・英語教育の卒論テーマに関して質問紙調査・実験系・語彙研究・実践研究・文献研究(英語教育・言語政策)に分けてどのようなテーマが書きやすいのか、難易度も含めて解説します。特に、小学校の英語教育に関してはこども・教育系の学生さんにおすすめです。
レポート・卒論・論文のテーマ

観光系の卒論テーマの決め方!観光・旅行系の面白い卒論テーマを紹介

ここでは最初に観光・旅行系の面白い卒論テーマとして 地方創生(地域活性化)・インバウンド ・ MaaS・持続可能な観光・アニメツーリズムを紹介します。つぎに、 観光系の卒論のテーマの決め方のポイント4点について解説します。
レポート・卒論・論文のテーマ

教育系の書きやすいおすすめの卒論テーマ【フィンランドの教育】

本記事では、教育系の卒論として、フィンランドの教育が、なぜ書きやすく、おすすめなのかの3つの理由を解説します。さらに、各教科別にフィンランドの教育に関する書籍・論文を紹介し、教育系の卒論テーマの決め方をフィンランドの教育を例にお話しします。
レポート・卒論・論文のテーマ

書きやすい卒論テーマとは?テーマを狭く絞ると書きやすくなる

卒論テーマは狭く絞るほうが圧倒的に書きやすくなります。ここではなぜテーマを絞ると書きやすくなるのかその理由と、テーマを絞る際のポイント(関連した論文か書籍があるか・社会貢献するか・トレンドになりつつありなおかつニッチ)について解説します。
レポート・卒論・論文のテーマ

卒論のテーマが決まらない文系の大学生!文系の面白そうなテーマ4選

卒論のテーマが決まらなくて困っている文系の大学生のために、ここでは文系の面白そうな卒論のテーマとして、地域研究からは電子政府エストニア、観光学からは地方創生/地域活性化、社会学からSDGs、さらに、教育学からはSTEM/STEAM教育をご紹介します。
レポート・卒論・論文のテーマ

観光・インバウンドをテーマにした大学のレポート・卒論の書き方

卒論をどのような構成で書いたらいいかよくわからないという大学生が多くいるのではないでしょうか。ここでは、観光・インバウンドをテーマにした大学のレポート・卒論の例として山城屋を題材にして卒論・レポートの構成と具体的に何を書くべきかについて解説しました。
レポート・卒論・論文のテーマ

卒論のテーマが決まらないときに考えるべき3つのポイント

レポートや卒論のテーマが決まらない、どのように選んだらいいかわからないという大学生が多いのではないでしょうか。ここでは私が実際に学生に指導しているテーマ選びの3つのポイントについてお話します。
タイトルとURLをコピーしました