観光系の卒論テーマの決め方!観光・旅行系の面白い卒論テーマを紹介

観光系の卒論テーマとおすすめ書籍 卒論のテーマ

「観光系の卒論テーマってどんなのがあるかな」

「旅行が好きなので、旅行に関する卒論って書けないかな」

などと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、ここでは観光系の卒論テーマの決め方をご紹介します。

最初に、観光・旅行系の面白いおすすめの卒論テーマとして、 地方創生(地域活性化)・インバウンド ・ MaaS(マース)について解説します。

次に、どのように観光系の卒論テーマを決めていくかの具体的な手順をお話します。

  • 自分の就職したい地域
  • 自分の興味のある地域
  • そのテーマに関する論文・資料が十分あるか
  • テーマを狭めて問いと答えを考える

自己紹介
大学の教員で卒論指導を毎年行っています。国際誌・学会誌・大学紀要などに100本以上の論文を発表してきました。Language Learning, The Modern Language Journal, Systemなどの国際誌の査読者もやっています。

観光系のおすすめの卒論テーマ

東北地方

最初に、観光系のおすすめのテーマを3つご紹介します。

地方創生・地域活性化

地方創生とは、2014年に第二次安倍内閣によって取り決められた地方活性化の政策です。

地方の人口減少に歯止めをかけ、地方活性化につなげることを目的とし、内閣に設けられた「まち・ひと・しごと創生本部」が主体となって、地方創生に向けてのビジョンや、段階ごとの目標を掲げています。

詳しくは内閣の地方創生ホームページをご覧ください。

特に、事例のご紹介で、自分の地元や自分が就職したい地域の事例があるか探してみましょう。

または、全体的に網羅した本を読んでそこから面白そうな話題を見つけて、その話題について掘り下げていくといいでしょう。

created by Rinker
金融財政事情研究会
¥2,970 (2021/09/21 19:44:04時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの本は具体的な地方創生の成功事例が書いてあり、卒論のテーマを探すのにいい本です。

  • 乾燥野菜の小商いで地域まるごと防災備蓄庫に―澄川乾燥野菜推進協議会(札幌市澄川地区)
  • にぎわいと安全・安心空間を創出する―歌舞伎町タウン・マネージメント(東京都新宿区)
  • 連携によりブランドを確立した秋田の蔵元チーム―NEXT5(秋田県)
  • 自然へのこだわりが創出する地域デザイン―発酵の里こうざき(千葉県神崎町)
  • 清酒を柱とした地域デザインの拠り所―新潟大学日本酒学(新潟県)
  • “過疎”“僻地”“限界”の村が拓く小規模自治体の未来―北山村役場(和歌山県北山村)
  • 集客イベントを契機とした「まちなか」の賑わい再生―とくしまマルシェ(徳島県徳島市)

created by Rinker
¥2,200 (2021/09/22 05:27:25時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは世界の地方創生に関する書籍です。

こういった海外の研究はとても面白いですが、海外の研究は多くの場合日本語の資料だけでは不十分でその国の言語で書かれた資料も必要になるため、大学生にとってはかなりハードルが高くなるかと思います。

なお、 地方創生・地域活性化は SDGsとも関係ありますので、地方創生とSDGsを絡めた卒論も面白いと思います。

「SD・Gs(エスディージーズ)」とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標のことです。

なお、SDGsに関しては以下の2つのリンクを参考にしてください。

インバウンド

城崎温泉
インバウンドで成功した城崎温泉

インバウンドというのは一般的に「外国人が日本を訪れる」ことを指します。

インバウンドに関しては外務省のインバウンド観光促進を参考にしてください。

インバウンドは地方創生・地域活性化と深い関係あり、地方創生・地域活性化をインバウンドを中心に考えている地域もあります。

コロナで最も打撃を受けた観光業ですが、今後どのように復活させていくか、地方創生(地域活性化)とインバウンドを真剣に考えるときだと思います。

同時に、インバウンドに頼らない観光も考えていかなければならないかもしれません。

そういったことも考えながら、いろいろな書籍を読んでご自分の興味のあることを見つけてみましょう。

以下おすすめの書籍です。

created by Rinker
プレジデント社
¥1,980 (2021/09/21 19:46:33時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは2020年11月出版ですので、コロナ直前に出版された書籍です。

<28のキーワード>といういうことで以下のような内容が学べます。

以下は目次から引用しました。

第1章観光再生に欠かせない「サステナブル」という視点

  1. サステナブル・ツーリズム
  2. リジェネラティブ・トラベル
  3. 地域教育とシビックプライド
  4. コミュニティ・ツーリズム
  5. 観光貢献度の可視化
  6. 量から質へ(発想の転換)
  7. BCPの策定

第2章「新技術」でネクスト・ステップへ進む

  1. マイクロモビリティ
  2. 観光型MaaS
  3. DX(デジタルトランスフォーメーション)
  4. スマートツーリズム
  5. バーチャルツーリズム
  6. ライブコマース
  7. AI・ロボット/非接触型機器

第3章観光の新たな「トレンド」を捉え、対応する

  1. アフターインスタ映え
  2. 食の多様化
  3. アドベンチャー・ツーリズム
  4. ロングステイヤー/ワーケーション
  5. レスポンシブル・ツーリズム

第4章「新戦略」で未来のニーズを先取りする

  1. 高付加価値化
  2. 富裕層(ラグジュアリー)マーケット
  3. ニューマーケットの開拓
  4. 観光CRM
  5. リスク分散/事業の多角化

第5章地域を支える「人」を育てる/呼び込む

  1. 人材の確保・育成
  2. サバティカル制度
  3. ダイバーシティ
  4. 関係人口の創出

こちらは、コロナ後の観光政策を京都とイタリアを例に提案しています。

以下のような内容が書いてあります。

  • コロナ直前、日本で起こっていたこと
  • ヨーロッパ観光産業の四つの発展段階
  • 団体旅行の誕生から個人旅行への転換
  • 地方の小都市の観光公害と交通まちづくり
  • 観光を生かしたイタリアの稼ぎ方―ホストとゲストの出会いが生んだスモールビジネス
  • 観光都市ではなく文化・芸術都市を目指す
  • アウトバウンドとインバウンドが生んだ四つのシフト
  • コロナ後に向けた地方都市の観光再生
  • 観光公害とコロナ・ショックから何を学ぶべきか

北海道のニセコに関する事例です。以下のような内容が学べます。

  • ニセコはバブルなのか?
  • 日本の観光投資の敗北と外資による再生
  • ニセコに世界の富裕層が集まる理由
  • ニセコの未来
  • ニセコに死角はないのか?
  • 観光地の淘汰が始まる

世界最大旅行サイトである「トリップ・アドバイザー」宿泊施設満足度ランキング全国3位に,「外国人に人気の日本の旅館2016」で10位にランクインした大分県の湯平温泉の山城屋の事例です。

山城屋の詳細はインバウンド成功事例【旅館】大分県湯平温泉の山城屋をご覧ください。

その他、インバウンド関係の書籍はインバウンド関係の方におすすめ本10選で詳しく紹介しています。

MaaS(マース)

MaaS

また、新しいことが好きな学生さんは、 MaaS(Mobility as a Service:マース) を研究してみたらどうでしょうか。

MaaSは最新のテーマで、観光における交通システムに興味のある方にはおすすめです。

MaaSとは、地域住民や旅行者一人一人のトリップ単位での移動ニーズに対応して,バスや電車、タクシー、飛行機など、複数の公共交通やそれ以外の移動サービスを最適に組み合わせて検索・予約・決済等を一括で行うサービスです。

つまり、すべての交通手段による移動を一つのサービスに統合し、ルート検索から支払いまでをシームレスにつなぐサービスのことです。

MaaSという言葉の起源はフィンランド。同国にあるMaaS Global社のサンポ・ヒータネンCEOが提唱しています。

MaaSはこれからどんどん発展していく分野で社会貢献も多いに期待できると思います。

MaaSに関しては数年前に鉄道事業者のインバウンドの研究を行ったときに、はじめて知りました。

教育や英語教育で注目されてきたフィンランドですが、こんなところでもすごいことをやっていたのかと感心しました。

フィンランドの教育について興味のある方は「フィンランドの教育について学べるおすすめ書籍10選」を、英語教育に関しての卒論テーマに関心のある方は「英語系・英語教育の書きやすい卒論のテーマ」を参考にしてください。

国土交通省・経済産業省にMaaSに関する資料が掲載されていますので、まずはそちらを一読しましょう。

国土交通省は、MaaSに関して以下の3つの取り組みを行っています。

  • 「大都市近郊型・地方都市型」
  • 「地方郊外・過疎地型」
  • 「観光地型」

観光系の卒論となると最後の「観光地型」のMaaSについての研究になるでしょう。

また、

以下は 「観光地型」のMaaSが実証実験が行われた地域です。

MaaSはまさしく現在進行形というよりもまだ、実証実験段階ですので、これからどんどん発展していく分野です。

卒論で研究して就活でいろいろ語れれば興味を持ってもらえるのではないかと思います。

以下はMaaSに関する卒論を書くうえで役に立つと思われるリンクです。

以下おすすめの書籍です。

created by Rinker
¥1,705 (2021/09/22 11:45:49時点 Amazon調べ-詳細)

観光系の卒論のテーマの決め方のポイント4点

ここからは、観光系の卒論のテーマの決め方のポイントをざっくりと解説します。

自分の就職したい地域

なんといっても自分が就職したい地域、特に、Uターン就職の学生はこれを考えてみてください。

地域のために、このようなことを研究してきましたと面接のときに自信を持って語れると思います。

上記の地方創生・地域活性化・インバウンド・MaaSなどで自分が住んでいる地域で何をやっているかまず調べてみましょう。

就活は大学生活の集大成ですので、卒論も就活に役立つようなものを書くべきだと思います。

詳しくは「就職の面接で語れるもの・アピール欄に書けるものをテーマに戦略的に選ぶ」を参考にしてください。

自分の興味のある地域

自分の興味のある地域について書いてもいいと思います。

なんといっても書いていて楽しいですから。

研究は「わくわくする」という知的好奇心が一番大切です(詳細は卒論のテーマが決まらないときに考えるべき3つのポイントで)。

つまり、旅行が趣味の方でしたら、旅行に行くだけでもわくわくしますので、趣味を兼ねた卒論を書くことが可能です。

日本でも海外でもOKですが、特に、夏休みなどに旅行に行く予定がありましたら、なおさらベターです。

そこで、インタビューしてきたり、資料を集めたり、いろいろできると思います。

そうすることによって、オリジナリティのあるいい卒論になります。

私のゼミ生の中にも夏に九州の温泉に遊びに行って、それをもとに湯布院・湯平温泉などの論文を書いた学生がいます。

いろいろインタビューもしてきていましたが、きちんと真摯にお願いすれば、喜んでインタビューに応じてくれます。

たとえ、インタビューできなかったとしても、現地に行って写真を撮ってくるだけでも大きく異なります。

インバウンドの成功事例】兵庫県の城崎温泉が成功した理由は私が実際に城崎温泉に行ったときのことをまとめたものですが、実際に行かなければわからないことがたくさんありました。

実際に現地に行ってみる、あるいは、行ったことのあるところをテーマにした卒論のほうが書きやすく、いい論文になります。

夏休みに遊びに行くついでに、現地の写真を撮ったり、インタビューをしてきたり、資料を集めてみたりしましょう。

ところで、夏休みや春休みにリゾートバイトというのを利用すれば、宿泊代・旅費・食費すべて無料で調査に行けます。

詳しくは英語が無料で学べるリゾートバイトを参考にしてください。

興味のある方は以下で調べてみましょう。

全国リゾートバイト求人情報満載!

そのテーマに関する論文・資料が十分あるか

最後に、これが一番重要なのですが、そのテーマに関して論文・資料などが十分あるかというということです。

地方創生・地域活性化・インバウンドでご紹介しましたように、政府が出しているサイトで全国でどのようなことを行っているかある程度事例を調べることができます。

文献の探し方は以下の2つのリンクを参考にしてください。

もし、論文や資料がほとんど見つからないようでしたら、卒論を書くのは難しくなりますので他の地域を探すなりしたほうが無難です。

参考になる論文や資料があまりないからといって論文が書けないわけではないですが、とても苦労します。

文献の探し方は以下の2つのリンクを参考にしてください。

CiNiiの使い方については以下の動画を参考にしてください。

テーマを狭めて問いと答えを考える

参考にする書籍・論文が決まったらそこからテーマを狭めて、問いを考えていきます。

詳細は「卒論・論文のテーマは狭く絞る」をご覧ください。

また、動画もありますので、動画も参考にしてください。

ある程度テーマが決まったら、論文の骨子になる「問い」を作っていきましょう。

「問い」の例として以下のような例が考えられます。

  • 「~は良いか悪いか?」
  • 「~と~はどこがどのように違うのか?」
  • 「どうしてか?」

その立てた問いに答えることが研究の目的、つまり卒論の目的です。

たとえば、上述しました「山奥の小さな旅館が連日外国人客で満室になる理由」をもとに論文を書くのでしたら、「湯平温泉「山城屋」がなぜインバウンドで成功したのだろうか」という問いを立てることでき、湯平温泉「山城屋」がなぜインバウンドで成功したのかその要因を探るということが本研究の目的になります。

問いを立てて、その問いの答えがざっくりと考えつくようでしたら、そのテーマで卒論を書ける可能性があります。

「問い」に関する詳しい解説は以下のリンクを参考にしてください。

また、こちらの動画でも解説しています。

なお、具体的な書き方に関しては、以下のリンクを参考にしてください。

おわりに

ここでは、観光・旅行系のおすすめの卒論テーマとして、 地方創生(地域活性化)・インバウンド ・ MaaSについて解説し、さらに、どのように観光系の卒論テーマを決めていくか、具体的な手順をお話しました。

簡単にまとめますと自分の就職したい地域や興味のある地域で関連した書籍・論文・資料を探し、そこから テーマを狭めて「問い」と「答え」を考えていきましょう。

また、実際に現地に行ってインタビューできるなら、とてもいい卒論になりますが、インタビューできなかったとしても、実際に現地に行くだけでも気付くことが多くあります。

旅行が趣味なら、趣味を兼ねた卒論を書くことも可能です。

ところで、リゾートバイトなどを利用すれば、現地への旅費・宿泊費・食費を浮かせることができます。

リゾートバイトについては以下を参考にしてください。

以下はリゾートバイトを検索できるサイトです。

全国リゾートバイト求人情報満載!

また、船旅に興味ある方はこちらを参考に。

タイトルとURLをコピーしました